ごあいさつ

子宝先生の妊活Blogページを購読頂きありがとうございます。

初めまして。
メディカルサロンMの野崎利晃と言います。
初めましてという方もいらっしゃると思いますので、
自己紹介をさせていただきます。

◆子宝先生とは?◆

子宝先生と自称するようになったのは
まだ5年(2012年くらいから)ほどです。
私は再婚をして
三人の娘と5人の孫がいます。
この記事が配信させれる頃には
孫が6人になっているでしょう。

子どもたちといる時間の中で感じるのは、
この子たちは成人した時、
社会に出た時、
知った時、
未来に希望を持つことができるのでしょうか。

12241768_1079504898750920_4276770001888863187_n
毎日の社会生活の中で
年金問題や
少子化問題が
取り沙汰されることがあります。
しかしこれらの情報は大人の都合だけです。
健康に関する情報も同様で、
これから生まれてくる子どもたちのためなのか、
今日生まれた子どもたちが
将来希望を持てる社会のための話し合いなのか、
情報なのか
と思うことがよくあります。

そして専門は不妊ではありますが、
糖尿病、
アトピー性皮膚炎の方、
がんに悩む方へ、
向精神薬の断薬希望など
様々な大人と話をする機会が多いのです。

話の中で出てくるのは、
生まれつきや遺伝
または医療など
人のせいにした自己弁解にはじまり、
食事の話をしても
「知らない」
「そんなの無理」
という反応がほとんどです。

いやいや今のあなたの症状は
あなたが作り出したのであって、
誰かのせいでもなんでも無い….
ということを毎日伝えています。

国民医療費上昇も取り沙汰されていますが、
大人を教育しても医療費は下がらないし、
大人が何も知らないから
子どもも病気になってしまいます。

大人の病気は
過去のご自身に原因がありますが、
子どもの病気は大人に、
または社会に原因があります。

例えば
娘が発達障害のために向精神薬を飲んでいます。
断薬したいのですが。。。
という相談もあります。

今お子様の状態の責任は親にあるのです。
そして社会にあるのです。
だからあなたが反省しなさいと言いたいのです。

医療費をばんばん使っている社会のもとに生まれた子どもは
いつでも病気になる事が出来る環境なのです。

社会に生きる大人が知識を持つことで
周りの子どもたちの病気は
減らすことが出来ます。
きっと昔の日本人は健体康心、
つまり健やかな体と、
康らかな心に育つための
知識や生き方を知っていたのだと思います。

私はまだ間に合うと思っております。
少なくともこれから子どもを望むカップルは
本気で耳を傾けてくれます。
病気を作らないための生き方が
そのまま妊娠力につながるからなのです。
だからこそ、
食事の大切さに対して耳を傾けることが出来ますし、
パートナーとの関係を見つめなおすことが出来、
ご自身の身体を大切にしないといけない理由を
知ることが出来ます。

社会を変えるためには
大人の知る努力が必要ですが、
なかなか妊娠できない、
流産を繰り返すなど悩む大人が
一番知る努力を始め、
実践出来るのです。

子宝先生と名乗り啓発することで
これから生まれてくる子どもたちが
そんなお父さんお母さんに守られることで、
将来の日本に対して
希望、夢、光を
持つことが出来ると信じております。

%e3%81%ae%e3%81%95%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%82%e3%81%8d
薬剤師 鍼灸師 野崎利晃

岐阜県岐阜市にて子宝先生の愛称で不妊カウンセリング、漢方相談、鍼灸治療を専門としています。
近い未来に子どもを望む方に知っていて欲しい知識をセミナー、blog、facebookを通して発信することで子どもを望むという尊い想いを社会全体で守るを目指して活動しています。

漢方野崎薬局鍼灸院ホームページ(2017年9月まで所属)
http://www.nozaki-kanpou.com

厳選食材SHOP
http://www.gifu-kanpou.jp

instagram
https://www.instagram.com/nozakitoshiaki/

twitter @kodakarasensei
https://twitter.com/kodakarasensei

妊活無料メールマガジンの登録
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTJqOtqby

コメントを残す