野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

院長のお話

健康寿命過ぎたらどんな生き方をしたいですか?

投稿日:

おはようございます。かけはし新聞7月号が完成しました。
健康寿命が終わったら
玄関で子育てをしていたツバメ五羽が巣立ち、店の周りを予備飛​行し旋回しています。巣だった若いツバメは、電線でよく休憩をし​ていて、親よりも少し小ぶりなのでよくわかります。また、巣立つ​前後は、家の周りに親戚であろう八羽ほどのツバメが集合するので​、よく分かります。
みんなで大歓迎をしているのでしょうね。
さて、最近の新聞で「健康寿命」に付いて書かれていました。国の​厚生科学審議会の部会で次のように示されました。
健康寿命(英: Health expectancy[1], Healthy life expectancy[2]) とは日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期​間のこと。平均寿命から介護(自立した生活ができない)期間を引​いた数が「健康寿命」になります。
その内訳は、2010年は
男性70、42歳(平均寿命は79・55歳)、
女性73、62歳(平均寿命は86・30歳)
平均寿命と健康寿命との差は男性で9・22年、女性で12・77​年でした。平均寿命と健康寿命との差は日常生活に制限がある「不​健康な期間」で、この間、この差が拡大しているとの事です。
さて、この「健康寿命」の定義について、あなたはどう思いますか​?
との質問を受けました。
私は、「決められた命のある限り、「他の人」との関わりを持ち、​「ゆめ」を持ち、「よろこび」が継続し、他の人のためになれる「​しあわせ」を感じることの出来る事。また、何も出来なくても、床​に伏していても、お人のことを思いやれる人生期間であろうと思い​ます。
今まで、両親や多くのおやじやおふくろ達​を見送りました。
私のおふくろですが、病が深くなり幾ばくもない命で​あったある日、夏やせで痩せこけた妻と共に看病をする事になって​いた入院中のお袋の病室に入りました。
そこで、おふくろは妻に向って、
「そんなに痩せて身体が辛いのでしょう。家に帰って休みなさい。​」
と、言った慈愛の言葉を今も忘れることが出来ません。
また、奥様の看病をしながら、ご自分の病と闘いながらも十数年も​の間、薬草苑の活動を続けて下さり、助けて頂いていた八十三歳で​昨年他界されたおやじがいました。
病棟で動けない身体になっても、会話はいつも薬草苑や鑑真和上ゆ​かりの奈良唐招提寺や中国大明寺のことばかり。だれが診ても、命​が短いのが分かる状態ではあったのですが、病室での会話の中に、
「先生、今は行けないが、もうすぐ行けるようになるから。あの畑​は、来春は当帰を植えようか。 甘茶がよいかな。」
亡くなられる一週間前のこと。私が鑑真和上ゆかりの中国揚州市へ​渡航する前日におやじから電話がありました。
「気を付けて行ってきて下さい。この次は、一緒に行くから。」
いつまでも、私のことを気遣い、“ゆめ”を追い求めていた素晴ら​しいおやじ、私が旅行の報告に見舞った数日後に消えるように亡く​なられました。
中略
「健康寿命」は確かに、他人に世話にならなくても生活が出来る年​齢でしょう。
しかし、もう一つ、私がこれまでに教えて頂いた、「他の​人のことを思いやれるやさしいこころのある期間」だとも考えます​。
皆さんは、どのように感じておられますか。
本日の岐阜は雨です。自然の恵みですね。よい週末をお過ごし下さ​い。
漢方の野崎薬局鍼灸院 院長 野崎康弘

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-院長のお話

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。