もっと早く電話したら良かった

今年に入ってから子宝カウンセラーの会、レーザーリプロダクション学会など多くの機会を頂き勉強させていただく事が出来ました。これから夏には和漢医薬学会、秋には生殖医学会などが待っています。学会では今年も発表出来るようにデータ分析をそろそろ始めないといけません。
先日ご相談にこられた方に言われた言葉です。
「今年で40歳です。結婚して10年。不妊治療を初めて5年がたちます。もっと先生に早くお会いできたら良かった」ってお話いただきました。
嬉しいですね。
でもね、「今」が大切なのです。
あの日初めてお会いする事が出来たその日が大切なのです。
貴女の意識の中で決めていたのです。
だからその時だったのです。
出会いとは不思議です。
でも偶然その日だったわけではなく、貴女は分かったいたのです。
昨日でも明日でも駄目だったのです。
そういえば言った事がありません。
「もっと早くお話出来たらよかったのにね」って。
その日までに貴女自身の心が準備をしていたのです。
過去を悔む必要はありません。
だって分かっていたのだから。決めていたのだから。
もったいない時間を過ごしたと思わなくてよいです。
だって今心が成熟した貴女がいるのだから。
今何をしなくてはいけないかではありません。
本当は、貴女は気付いているのです。
人が動き出す時には勇気が必要です。 でも知っているんですね。
今から何をしなくてはいけないかという事を。
最期に、私との出会いは人生において些細なことです。
「主人の子供が欲しいです」と思う事が出来るパートナーに出会う事が出来た事が大切なのです。
まだまだ人生の半分です。
これからです。
野崎利晃

コメントを残す