【インフル・日本脳炎ワクチン 定期接種廃止】 厚生労働省発表

今日はNoMoreワクチンさんからのシェアです。
【インフル・日本脳炎ワクチン 定期接種廃止】
職場での強制接種や、医者が強引に勧めることは、法律に反します。
法律にもとづき、きちんと拒否しましょう。
(No more ワクチン)
インフルエンザワクチン と 日本脳炎ワクチン は 定期接種から平成25年3月31日付けで廃止になりました。任意接種ということですね。任意接種とは、打ちたいと思った人が希望するものであり、他人からとやかく言われる筋合いが無いということです。
故に、職場から接種を強要されたり、医者が強引に進めることは法律に反するということとなりますね。ましてや、本人の同意無き接種は禁じられています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/tp250330.html
本通知の適用に伴い、「定期の予防接種の実施について」(平成17年1月17日付健発第0127005号厚生労働省健康局長通知)、「定期のインフルエンザ予防接種の実施について」(平成17年6月16日付健発第0616002号厚生労働省健康局長通知)及び「日本脳炎の定期の予防接種について」(平成22年4月1日付健発0401第19号、薬食発0401第25号厚生労働省健康局長、医薬食品局長連名通知)は、平成25年3月31日をもって廃止する。  厚生労働省健康局長
定期接種実施要領
10-(4) インフルエンザの定期接種の実施に際しては、接種を受ける法律上の義務がないことから、対象者が自らの意思で接種を希望していることを確認すること。対象者の意思の確認が容易でない場合は、家族又はかかりつけ医の協力を得て、その意思を確認することも差し支えないが、明確に対象者の意思を確認できない場合は、接種してはならないこと。  厚生労働省
漢方の野崎薬局の告知とお知らせ
漢方相談をご希望の方はお電話ください

コメントを残す