野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

卵子凍結 卵子提供

卵子凍結しても使わない? 独身女性へ凍結容認もジレンマ〈AERA〉

投稿日:

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130906-00000004-sasahi-soci一部抜粋
これまで不妊治療中の既婚女性などに限って認められてきた卵子凍結。これが8月に、健康な独身女性にも認められる方針へと変わった。しかし、この方針は必ずしも少子化改善につながるというわけではないようだ。東京都渋谷区の「はらメディカルクリニック」では2010年から約2年間、独自のガイドラインや倫理委員会を設け、未婚女性の卵子凍結を行ってきた。これまで170人から希望が寄せられ、32人が凍結したが、卵子を解凍、利用した女性は一人もいないという。生物学的な出産適齢期と自身の産み時が重なるとは限らない人が増えているいま、凍結容認によって選択肢が増えることを歓迎する人は多い。
卵子凍結のコーディネートやセミナーなどを行っている、リプロセルフバンクの香川則子所長は言う。
「女性が自分の人生を選ぶ権利を肯定されたことの意味は大きい。今までは(凍結は)既婚者の不妊治療を専門としている医療機関で行われてきたケースが多いが、これをきっかけに一般の婦人科検診を行うような病院でも、独身女性が卵子凍結について気軽に相談できるような広がりがあればいいと思います」
だが、卵子凍結で本当に産みたいときに産めるのか、そしてそれによって少子化は改善するのだろうか。
「卵子が老化すると、染色体異常が発生しやすく、凍結卵の解凍後の回復率も妊娠・出産の確率もガクンと下がってしまいます」
理論上、将来の妊娠に有効な卵子の個数は31歳までであれば8個以上で十分と考えられているが、41~43歳では47個以上と6倍近くも必要になる。そもそも、40歳以上では、排卵誘発剤を使用しても、凍結可能な卵子を採取するのは難しい。47個という数は現実的ではないという。
※AERA  2013年9月9日号
抜粋ここまで。
 
子供が欲しいという想いは大切です。
そう思えた時
そんな気持ちになるパートナーに巡り合えた時
妊娠出産適齢期かどうかは後から気づくことです。
適齢期が過ぎたから諦めてくださいでは諦めきれない。
選択肢はあります。
もちろん病気でもなく、生活に困ることも無い。
子供がいない夫婦を社会がどのような目で見ているか。というプレッシャーがある。
この記事を読んだ限り、少子化対策のために卵子凍結の容認がなされたように読める。
私の患者さんには少子化対策のために相談に来られる方はいません。
少子化対策のために不妊治療をされている方はいません。
少子化が悪であったり負の財産的な発想をやめませんか?
人口減少も負ではありません。
ニンゲンが増えすぎたのだから減るのは当たり前。
意図的に減らされているのなら問題。
まさか経済のために子供を産みましょうなんて誰も思っていない。
このような記事を読むたびに「イラッ」とします。
ベビ待ちが長く、悩んでいる方は沢山いらっしゃいます。
少子化対策に貢献していないなんて思わないでください。
国が困るのは、税収が減るから困るのでしょう。
少なくても良いのではないでしょうか。必ずしも増やし続ける事が幸せな社会ではありません。
少なくともいつまでも夫婦で手をつないで歩くことが出来る事が幸せな事だと思います。

↓↓↓2013年9月14日よりランキングに挑戦です(^_^)/ぽちっとお願いしますm(__)m↓↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-卵子凍結, 卵子提供

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。