野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

妊活 妊活子育て・食育・生活習慣・薬膳について

フードファディズム

投稿日:

【フードファディズム】
http://profile.ameba.jp/hi-mawaricom/ひきこもりサロン甲斐先生より
 米国は、長い間、"サプリメント大国"と言われ続けている。
だが、そこに住んでいる人間さえ、日本のサプリメントを中心とした「健康食品ブーム」を凄い(異常)と思っている。
米国だけではなく欧州も、日本市場に大注目している。
 英語では、Food Faddism と書く。
Fadとは、辞書を引いてみると「一時的な熱中,気まぐれな熱狂.」
イギリスでは、「個人的な)好き嫌い,好みのむずかしさ.」
と書いてあります。
参考:
http://ejje.weblio.jp/content/FAD
 つまり、"フードファディズム"とは、
様々な媒体(マスメディア)や食品・健康食品産業などから、毎日、大量に垂れ流しされている食べ物・サプリメントに関する健康・栄養情報を過大に評価したり、過信する流行
また、「信念があって、偏食する」という意味から、"ベジタリアン"、"拒食症"、"新興宗教"による偏食まで、この"フードファディズム"に含まれているようですね。
【フードファディズム推進の背景】
フードファディズム"には大きく分けて、3つのタイプが存在します
1.健康効果(万能的効能)をうたう目新しい食品・成分の爆発的流行(ブーム)
ある食品を食べたり、飲んだりすることで、健康問題が、全て解消するようなイメージが作られ、大流行したりする。
2.食品や食品成分の"薬効"を強調
食品や食品に含まれる特定成分の"薬効"を強調。大きく期待させて、その食品や特定成分の摂取を勧める。健康食品やサプリメントに多い。
「がんに効く」「糖尿病に効く」「高血圧に効く」などの表示は、"薬事法"に抵触します。ギリギリのところで販売する"無法まがい"の業者は本当に多いと思います。
3.食品に対して、不安をあおり立てる
食品を単純に「良い」と「悪い」の2種類に分けてしまう。この中で「良いモノ」だけを勧め、「悪いモノ」は罵倒し、消費者の購買意欲をあおる。不安をあおって、高価な製品を勧める詐欺まがいの企業「不安煽動ビジネス」や「不安便乗ビジネス」が多いことも間違いありませんね。
それでは、どうすればいいのでしょうか。
*その対策
・"メディア・リテラシー(Media Literacy)"を身に付ける。
つまり、「情報に対する読み書きの能力」「情報に対する教養力」つまり日々、垂れ流しにされている"情報を選別する能力"を身に付けるということですね。
・自分の体 本能に耳を傾ける
今までの自分が生きてきた中での体験(あるモノを食べ続けたら、体を悪くしたとか、今は止めているが、あれは体に良かった)にも、耳を傾けた方が良い。
・"健康"ということに、こだわり過ぎない。
こだわり過ぎてストレスを抱えないように、大事なことは「全体の食生活を見渡す」ということであり、各々の健康食品や食品成分などの機能性・内容物ばかりに、囚われないようにしましょう。
知ることは大事ですが、本末転倒になりませんように。
毒抜き妊活方法

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-妊活, 妊活子育て・食育・生活習慣・薬膳について

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。