野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

トランス脂肪酸 妊活 妊活子育て・食育・生活習慣・薬膳について 不妊治療で悩む貴女へ

脂の接種を見直すと不育症予防が出来ますね。

投稿日:

『多価不飽和脂肪酸は、生体内で合成できないため、“必須脂肪酸”と呼ばれています。
すなわち、人体にとって必要な脂肪酸なのです。
ところが、リノール酸(ω-6)は、取り過ぎることで炎症を促進する働きがあることが分かっています。
「アレルギーは「砂糖」をやめれば良くなる! 溝口徹:著」によると、ω-6系脂肪酸は生体内で代謝され、アラキドン酸から、プロスタグランジン2系の生理活性物質となり、炎症を促進します。
一方、ω-3系脂肪酸はステアリドン酸からEPA、プロスタグランジン3系へと代謝され、炎症を抑制します。』
基本的な事柄として、植物油のことを考えるときに、その脂肪酸組成を知ることが大切です。
植物油の問題の大きな部分に、この脂肪酸組成の違いがあります。...
この脂肪酸組成は、一般的には4つの種類に分かれます。
飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸(ω(オメガ)-9)、多価不飽和脂肪酸のリノール酸(ω-6)、多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸(ω-3)です。
この内オレイン酸が多く含まれる植物油として、オリーブ油やキャノーラ油があります。
また、多くの植物油はリノール酸が優勢で、α-リノレン酸の含有率が低いものが大半です。
ちなみに、パーム油は植物油で最も多くの飽和脂肪酸を含みます。
このため、パーム油は部分水素添加した大豆油やキャノーラ油と良く似た組成になっています。
さて、多価不飽和脂肪酸は、生体内で合成できないため、“必須脂肪酸”と呼ばれています。
すなわち、人体にとって必要な脂肪酸なのです。
ところが、リノール酸(ω-6)は、取り過ぎることで炎症を促進する働きがあることが分かっています。
「アレルギーは「砂糖」をやめれば良くなる! 溝口徹:著」によると、ω-6系脂肪酸は生体内で代謝され、アラキドン酸から、プロスタグランジン2系の生理活性物質となり、炎症を促進します。
一方、ω-3系脂肪酸はステアリドン酸からEPA、プロスタグランジン3系へと代謝され、炎症を抑制します。
ところが、現代の日本人が摂取している多価不飽和脂肪酸は、圧倒的にω‐6が多く、ω-3が少なくなっています。
これが、多くの日本人に様々な慢性疾患を引き起こす原因の一つになっていると考えられています。
とは言っても、油を変えるのは大変な事。。。
家では、揚げ物はほとんどありませんが・・・。大変なようです。
だから亜麻仁油を飲んでもらいます♪

有機亜麻仁油

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-トランス脂肪酸, 妊活, 妊活子育て・食育・生活習慣・薬膳について, 不妊治療で悩む貴女へ
-, , ,

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。