野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

不妊治療で悩む貴女へ

年神様

投稿日:

【年神様】
正月とは、ただ年が改まる時というのではなく、年神様が各家々においでになる時です。
年神様とは 新しい年の穀物の実りをもたらし、私たちに命を与えてくださる神様であり、いつも私たちを見守っている祖先のことをいいます。
つまりお正月は、祖先とともに新しい時を迎える時であり全てのものが新しく始まる節目なのです。 ... ですから、年末になると年神様を迎える準備をするのです。 しめ縄・しめ飾り・門松などを立てて、年神様をお迎えする準備を整えます。
元日には、年神様をお迎えし、新しい年の豊作と家族の安寧を祈る行事が行われます。
おせち料理は神様へのお供え物として作り、大晦日にお供えをします。年があけると家族全員で神様からのおさがりを頂くと考えられて来ました。
神に供物を捧げて祈る三が日の間は神様がおられるために炊事をしない、台所に入らないという風習があったため、日持ちのする料理を年末に沢山作っておき、三が日の間はそれを食べるならわしがありました。
20131231-234544.jpg
おせちのメニュー 海老 ・腰が曲がっている姿から、腰が曲がるまで、ともに長生きするようにという長寿のシンボルとして。
数の子 ・子沢山、子孫繁栄。
栗きんとん ・「栗金団」と書くことから、金運を招く。繁盛、繁栄。
黒豆 ・「黒くまめまめしく」という語呂合わせから、陽に焼けてまめまめしく良く働くようにという意味。また、「まめに暮らす=元気に暮らす」という意味もあるようです。
紅白かまぼこ ・紅白はおめでたさの象徴としてお祝い事全般 に使われます。
紅白なます ・紅白はおめでたさの象徴としてお祝い事全般 に使われます。 熨斗などに使われる紅白の水引きを表わしているという説もあります。
昆布巻き ・「よろこぶ」という語呂合わせと、「子生婦(こんぶ)」という字をあてる語呂合わせがあります。一家の幸せと、子孫繁栄を祈ります。
里芋 ・里芋は、土の中に子芋をたくさんつけることから、子だくさんの象徴とされます。子孫繁栄を祈ります。
田作り ・かたくちいわしの稚魚は、昔、肥料として使われ、ゴマメ(五万米=ごまめ)とも呼ばれています。田作りという名称もごまめと同様に、この魚が肥料として使われたことから来ています。豊作を祈願する食べ物です。
伊達巻き ・ 蒲鉾と同様、白身魚を原料とし、卵を混ぜることで黄金色になることから、豪華で見栄えが良く神様への供物としてふさわしいと考えられていました。
錦玉子 ・黄色と白は金銀を表わし、財宝や富の象徴とされました。
れんこん ・穴があいているので「将来を見通 せるように」という願いをこめて。甲斐先生より

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-不妊治療で悩む貴女へ

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。