野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

トランス脂肪酸 Facebook投稿 告知とお知らせ 株式会社ほうろく屋

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第3話

更新日:

杉崎社長
第3話 師匠との約束

【 第3話 喜八郎との約束と独り立ち 】

高度経済成長期、先代 喜八郎は世の流れに逆らい自分の道を進むため、苦しい時代が続いた。

先代妻 たけ子とリヤカーを押し空きビンを集めて廻り、それを売り、子どもたちを必死で育てた。と言う。

また、親の姿を見て子どもたちの後継ぎはなく、あえて、継承しようと思わなかった。とも言った。

現在も世の中の荒波は続いている。そこに舟を出すほうろく屋も小さな町工場。パートナーと2人の二人三脚。

僕が大嶽製油所の後を継ぐと決めた時、両親そして、近くにいる人生の先輩達に大反対された。

菜種油のご注文はこちらから

『町工場は運営できないから閉鎖、倒産する』『お前は頭がおかしくなったのか?』『まして、原料菜種がない。無謀だ』と、変態扱い。もちろん心配してくれてのこと。

しかし僕は、こう言い返した。

『10年後、時代は変わる。手間暇かけて作る本物が受け入れられる。原料菜種がなければ、自分で栽培すればいい』と。

皆、『勝手にしろ。』の一言だった。

大嶽製油所自体、先代の体力から加工依頼の仕事は断り、愛知県内の菜種農家も消滅。地元農家の菜種が年間600㎏ほどのため、数日の搾油で終わってしまう。

実際は、無謀だった。
だから、修行も全力でやった。

また、近隣からの菜種油の加工依頼は僕が受け先代の指導で油を搾り経験を重ねた。

そして、数年がすぎる。

先代は認知症が入りはじめ、薄れゆく意識の中で必死に何回も肝心なタイミングを教えてくれる。

そんなある日、『もう、この機械を全て持って行きなさい』と、突然言われる。

僕は即答した。『ありがとうございます。この先いかなる苦労が起きても必ず、この伝統を守り復活させます』と、答えた。

これが、喜八郎との約束となった。

先代の言葉をもらって移設場所を検討する。原料のない中で工房の設備投資は難しい。移設場所も簡単には借りれない。困った。

とりあえず身内の会社の敷地内にあるブロックむき出し、雨風降り込むトイレも無いバラック小屋を自分で修理し機械をなんとか移設した。

よし!このバラック小屋からスタートだ‼︎

そして、移設間もなく喜八郎は脳梗塞で倒れ、一年後天国へ旅立った。

ホッとしたのであろう。アレやコレや僕が持って出る物の準備をしてくれた姿が今でも浮かぶ。

ただ、現在のほうろく屋でもう一度、一緒に搾油したかった。

後で先代妻 たけ子に聞いたことだが、大嶽製油所を廃業すると決めた時、他から数件、技術と機械を譲って欲しいとのお願いがあったと。

しかし、喜八郎は全て断った。

子宝先生
私はお会いすることが出来なかったですが杉崎さんの情熱はこの時生まれたのですね
ほうろく屋菜種油伝承油

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-トランス脂肪酸, Facebook投稿, 告知とお知らせ, 株式会社ほうろく屋
-, , , , , ,

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。