野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

トランス脂肪酸 食べ歩き♪ 株式会社ほうろく屋

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第4話。

更新日:

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第4話。

いつも静岡に行った時にはお世話になっております、aSeed Jeffさんの記事より
https://www.facebook.com/aseed.jp/
【 第4話 バラック小屋からのスタート 】

杉崎社長
第4話 国産菜種自給率0.1%から始まりました

さて、スタートとは言っても問題が山積みで身動きがとれず、ポツンと何時間も妄想していた事を思い出す。

この頃まだ、自分が納得できる菜種油ではなかったため、満足に勉強を行う環境つくりから動き始める。

経験を積むためには原料菜種の確保が必要。

日本の国産菜種自給率は0.1%、ほとんど流通していない。
カナダなどからのキャノーラ種(遺伝子組み換え)菜種を使用すれば、すぐに仕事ができた。

しかし、ほうろく屋の原点は『食を通して、みんなを笑顔にしたい』。だから国産菜種にこだわり、更に厳しい道を選んだ。
まず、菜の花プロジェクト西尾を立ち上げ、地元の耕作放棄地を開墾し菜種栽培。

近隣の循環型社会に取り組む市町村や菜の花プロジェクト団体、生涯学習に関わる各女性部、地元農家へ連携協力と菜種栽培復活のお願いに走り回る日々。

そして少しずつ原料菜種が集まり始める。搾油できるのがたまらなく嬉しかった。

菜種油のご注文はこちらから

もちろん、バラック小屋では食用油脂製造業の許可が受けられないため、全てボランティアで搾油。

仕上げた菜種油をお返しし、各団体の食育イベントなどでドーナツやてんぷら祭りで使用してもらい、市民の方々に振る舞った。また、自給用の食用油にした。

この取り組みの実績から、多くの人と出会い、菜種油が評価され、自分の作る菜種油の力強さを確信する。

時は満ちた。

25歳より起業し、貯えた物も全て底をつく。

循環型コミュニティー『心の駅 いやしろち』の活動継続のため、命懸けで突き進む。

平成24年7月10日、現在の愛知県西尾市西浅井町に工房を新設。

二代目『ほうろく屋』と屋号を変え、先代 大嶽製油所より継承した古き良き菜種油の販売が始まるのである。

子宝先生
杉崎社長の活動はFBでご覧になれます!
ほうろく屋菜種油伝承油

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-トランス脂肪酸, 食べ歩き♪, 株式会社ほうろく屋
-, , ,

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。