ワクチンを接種しない理由

日本脳炎の予防接種は受けてはダメですか?

という質問は

どんな回答を期待しているか分かりません。
———

ワクチンを接種しない10の理由

1ワクチンが、安全で有効であることが、証明されたことはない
正しい二重盲検がなされたことがない。ワクチンを接種した集団がその疾患に罹った数を調べたことがない。唯一抗体産生だけを測定。

2ワクチンは動作しません
疾患のために抗体の一時的増加を作成するが、これは、病気に対する免疫と同等ではありません ワクチンは直接血液に病原体をいれますが、これが、免疫システム上不自然であり細胞性免疫の減少があるとラッセルブレイロック博士は、述べています病気の発生で、ワクチン未接種の子供たちはしばしば非難されますが大発生について調べるとその病気はワクチン接種によって引き起こされている。感染症は、ワクチンが出てくる前に、ほとんど終息している。それはきれいな水と衛生環境である。

3初期のワクチンの災害
ワクチンの安全性と有効性は、強くアメリカ人の精神に埋め込まれており、医療制度によって作成された神話だった。天然痘のワクチンは疾患の増加をもたらした。死亡や深刻な健康被害が出していた。医師たちは、このワクチン問題を何度も話し合っていたがこのワクチンの中止するに至らなかった。ポリオワクチンは、ガンやエイズなどの深刻な健康被害と関連があり統計を見たところ、このワクチンの有効性を証明するために数字が操作された。それぞれの新しいワクチンは、新たな健康被害を作るだけ。

4ワクチンは、医療業界や製薬会社の金儲け
製薬会社は人の健康より利潤の追求だけ。製薬会社は、健康を守ることではなく、ワクチンを販売することが、目的 子宮頸がんワクチンの副作用。完治させる治療法すら なくて 日本でのも何百人も副作用がでている。そして、まだ 売ろうとしている。

5全てのワクチンは、アルミニウム、チメロサール(エチル水銀)、抗生物質、グルタミン酸ナトリウムとホルムアルデヒドを含む

これは、神経学的に重要な損傷を与える又他の添加物として不凍液、鉛、カドミウム、グリセリン、アセトン、酵母たんぱく質。

6ワクチン接種した子供と ワクチン未接種の子供を比較した研究では、ワクチン未接種の子供がはるかに健康である。ワクチンを接種してない子供は一般的に比較して、上気道の病気、耳の感染症、自閉症、喘息、アレルギー、自己免疫障害及び他の疾患などに罹る率が圧倒的に少ない。

7ワクチンは自閉症、喘息、自己免疫障害、ギランバレー、食物アレルギーと脳の損傷を起こす

8疾患に対し真の生涯免疫を作成するのは、自然暴露だけ

9ワクチンは、乳幼児、子供と大人を殺す
強力な証拠が乳幼児突然死症候群(SIDS)とワクチンの間にあります。我が国でも、DPTワクチンを辞めた時代が30年以上前にありました。このときは、SIDSの発症がゼロでした。現在は、毎年200人弱あります。子宮頸がんワクチンは、米国で100人以上を死んでいます。

10医薬品のCOM paniesと医師は医療の責任を保持してない
1986年に米国国立小児ワクチン障害センターが作られたが、ワクチンの副作用では、直接の責任製薬会社や医療関係者を告訴する
ことはできない。我が国では、医薬品医療機器機構(PMDA)があるが、米国より酷く子宮頸がんワクチンの副作用を全然認めていない。

https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fkodakarasensei%2Fposts%2F1111569252267232&width=500&show_text=true&height=187&appId

コメントを残す