採卵に向けて男性が出来ること

体外受精を選択した時、男性に出来ることは非常に少ないのです。

ご自身の精子を、今できる最高の状態に持っていくことが唯一出来ることなのです。

「不妊の原因の約半数は男性」は世界の常識

男性に原因があっても、負担は妻に

女性に原因があったら、男性は無関心

男性不妊を知らずに招く卵子の老化

男性不妊専門医がいる事を知らない現実

男性不妊に良い漢方もサプリメントも無い

男性不妊は生活を見直す事から

男性が喫煙者だと妊娠率は半分になる

精子の質は年齢に相関しないが、生活内容で劣化しやすい

//////////

昔こんなお話をされた患者さんがいらっしゃいます。

「三ヶ月かけて今日やっと採卵が出来ましたが、担当医の先生から今までの精液所見と比べて一番状態が悪いです。って。どう思いますか!!!私は説明会から、同意書、リセット期間、注射に通って・・・。沢山育ってくれているのか、お腹がパンパンでした。採卵した後もまだお腹がしくしく痛いです。今日主人の精液を持って新幹線に乗って採卵に行って頑張ったのに、主人の精液の状態が悪すぎてショックです。体調管理して射精をするだけなのにどうしてこの日のために準備をしてくれなかったのか。今晩主人が帰ってきたらきっと私は怒鳴ってしまいます」

そうなんです。

男性が出来ることって限られているのです。

その日に向けて女性は大変なんです。

だからこそ、せめて早く寝るとか食べすぎないとか基本を見直してください。

コメントを残す