子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチン

今日はTokyoDDClinic院長内海聡医師の記事より

子宮頸がんワクチンが何一つ効果なく、有害極まりないことはもはや常識となってきましたが、インフルだろうがMMだろうが三種だろうがポリオだろうがそれは同じなんですけどね♪。まあでもとりあえず子宮頸がんワクチンについて復習しようと思います。

子宮頸がんとは、子宮の出口付近である子宮頸部にできるがんです。子宮の中にできる「子宮体がん」と異なります。子宮頸がんは遺伝に関係なく、HPV(ヒトパピローマウイルス)により起きるとされていますが、そもそもこれが嘘の始まり。これを提唱したのがハラルド・ツアハウゼンですが、HPVは種類だけでも200種類、一応発がん性があるのが15種類くらいといわれていますがこれも勘違い、癌とがんもどきの考え方の方がまだ参考になります。だいたい子宮頸がんワクチンが予防できるのはHPV16型と18型のみですし。

HPVは感染してもほぼすべてが自然に消失します。現在子宮頸がんワクチンにはメルク社の「ガーダシル」とグラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」があります。そもそもこのワクチンはHPVにすでに感染している人には効果がなく、ウイルスを増殖するという報告さえあります。子宮頸がんワクチンガーダシル研究者のダイアン・ハーパーは公衆衛生の利益は何もなく、子宮頸がんには減少はないとインタビューで述べています。自然療法家でジャーナリストでもあるマイクアダムスの著書では、FDA(連邦食品医薬品局)が健康への長期的な悪影響はなく、子宮頸がんとの関連性はないと認識していたことを暴露しています。彼の告発では
子宮頸がんの発生リスクを44.6%も増加させることも分かっています。

子宮頸がんワクチンにはアジュバント(免疫増強剤)が添加されており、ワクチンの効果を増すとされますがこれがくせものです。子宮頸がんワクチンには「3-脱アシル化-4’-モノホスホリルリピッドA」という油性アジュバンドと、「水酸化アルミニウム」という沈降性アジュバンドが入っており、 この二つ合わせたものを「AS04」アジュバンドと呼びます。水酸化アルミニウムは、マウスの実験で脳内の細胞を殺すことがわかっています。子宮頸がんワクチンの副反応率は定期予防接種約7倍、インフルエンザワクチンの40倍という報告もあります。またサーバリックスは、「イラクサギンウワバ」という蛾の細胞の遺伝子を組み換えてそれが混入されています。

子宮頸がんワクチンについてはアメリカ・オーストラリア・韓国などで、男児にもうつよう推奨されており日本でも治験がすでにされています。ギリシャは義務化しており公費負担で行う国も多いです。日本でも多くの自治体が全額補助を行っており、進級祝いだと称して東京の杉並区では中学一年生を対象に全額負担しています。でも子宮頸がんワクチンの母体はペットの断種用ワクチンという話もあります。こんなワクチンを打たせるというのはもちろん複数の意味があるわけですが、もちろんオバマ大統領の子どももブレア首相の子どももワクチンは打ちません。でも貧民の皆さんは打っていただきたいと思います♪。

2013年4月には子宮頚がんワクチンの定期接種が始まりました。今まで任意だったのに、行政から積極的な接種をすすめられていましたが、2013年6月14日 厚生労働省は子宮頚がんワクチン「一時的に接種の推奨を控える方針」を決めました。子宮頚がんワクチンの接種対象は小学6年生から高校1年生の女子です。私の知っている患者さんのクラスでは、自分一人だけ子宮頚がんワクチンの接種をしていないために、先生に注意をされたり、友達にいじめられたりしたそうです。
被害が出ないと方針を変えないという体質はいうまでもなくいつもの事なのですが、今週発売の週刊誌ではこぞって子宮頚がんワクチンのバッシングが始まっています。週刊誌って危険性を前もって発信するという事はしないのですね。記者さんがたくさんいるのに。

コメントを残す