野崎先生へのLINEによる問い合わせはこちら

お客様の声 経皮毒

お肌のご相談

更新日:

お肌のご相談多いですね。
赤ちゃんから50代まで幅広いです。

原因が何かを特定することは非常に難しく、考えられる要素を排除していくことが大切です。それだけでお肌の変化を体感していただけます。

・生理前の肌荒れ
・生理中の肌荒れ
・妊娠中の肌荒れ
・授乳中の肌荒れ
・体外受精のための誘発中の肌荒れ
・プレマリンなどの服用中の肌荒れ
・赤ちゃんの肌荒れ
・季節ごとの肌荒れ
・脱ステ中の肌荒れ

今現在ステロイドを使っているか、過去一年にステロイドを使っていたか、過去一度もステロイドを使ったこと無いかどうかで、スキンケアや処方が変わります。

しかし、どの方にも最初にお話する内容は同じですので以下を参考にして下さい。

お肌のために見直す4つの事

1.柔軟剤、香りつきの洗剤を使わない

本当にバラのエキスが(アロマオイル)入っているって思っていないですよね。洗濯後の下着や衣類についた薬品が皮膚から吸収してしまいます(経皮毒)。洗剤を一切使わないか、経皮毒対策が出来る洗剤を選ぶことをおすすめします。
http://www.gifu-kanpou.jp/products/list.php?category_id=3
※もちろん妊活中、妊娠中の方にもお話します。

2.シャンプーボディーソープを使わない

毎日使っているシャンプーやボディーソープは良い香りがしますね。沢山泡も立ちますね。全部薬品ですね。皮膚から吸収しますよ(経皮毒)。赤ちゃんを抱っこした時に、シャンプーのニオイや、洗剤が赤ちゃんの皮膚から吸収してしまいます。
http://www.gifu-kanpou.jp/products/detail.php?product_id=35

3.お風呂の塩素対策

以前も紹介をさせていただきましたが、毎日はいるお風呂のお湯、沐浴時のお湯の塩素対策は必須です。http://www.gifu-kanpou.jp/products/list.php?category_id=22

参考記事 → 水対策

4.布ナプキンに変える

ケミカルなナプキンではなく、布ナプキンです。また、洗う時の洗剤も注意してくださいね。

以上4つを見直しながら、スキンケアのお話をさせていただきます。

IMG_6381.JPG

最低限のケアできれいなお肌になりました

赤ちゃんのお肌のご相談は非常に多いです。お母さんは皆さん「私のせいで。。。」とおっしゃいます。気付いてすぐ行動で赤ちゃんのお肌はきれいになります。

その上で出来ることは、口に入れるものを見直すことです。

私たちの身体には下水道が流れています。毒が溜まると下水道はどうなりますか?マンホールから噴き出てきますね。これが皮膚の症状なのです。

そんな時に、ステロイドを使うというのはどういう事なのでしょうか?

マンホールの上から重りをおくという事なのです。もちろん下水道の掃除はしないですし、どんどん汚れてしまいます。そして重りをどかすとまた溢れ出てしまうのです。重りは急にどかしたらダメですね。

では皮膚の症状はどうしたら良いのでしょうか?

まずは解毒です。

尿を積極的に出す。 便を積極的に出す。

そして本当に身体に必要なものを口にいれる。余分な物は口にいれない。解毒が出来ていないのに、毒を入れたら元も子もありませんね。

同じように口に入れるものが心に影響したり、月経に影響したりするのです。

それは病気ではないかもしれません。食毒による症状かもしれません。まずは、チョコレート、お菓子、アイスクリーム、乳製品、ファーストフード、コンビニ食を口に入れる事をやめましょう。

子宝先生®の葉酸サプリ

子宝先生の通販SHOP

無料アプリはこちら

-お客様の声, 経皮毒
-, , , ,

Copyright© 岐阜漢方薬鍼灸専門 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。